渡辺キョウスケが、PFメンバーから出された「縛り」にそって短編小説を執筆。
     もうギッチギチに縛られてます。

2008年09月01日

第0縛 『縛り初め(しばりぞめ)』

というわけで始まりました、この『緊縛ショートショート』。

この企画は、PFメンバーから出された「縛り」に従って、ワタクシ渡辺キョウスケが、短編小説なんぞを書いてしまおうというものです。

ちなみに僕、戯曲は書いたことがあるんですが、小説形式で物語を書いたことがありません。まあでも、つまんなかったら縛りのせいにしてしまおうという、この企画の根幹を揺るがすような保険をかけつつ、おぼつかない手つきながら始めたいと思います。


では、PFメンバーから出された一発目の縛りはコチラ。

題名が『アイロニー』(又吉)

「朝、目を覚ますと隣に何かがいた。」という書き出しで始める(神長)

「宮沢賢治」を文中に入れる(昆)

「アイロニー」は又吉クン本人のボキャブラリーから出たものじゃなくて、辞書か何かから引っぱって来たものな感じがします。神長サンの書き出し文はオーソドックスな感じで書きやすそう。「宮沢賢治」は昆と同郷(岩手)だからでしょうか。宮沢賢治と聞いてパッと思いついた作品が『走れメロス』でした。太宰治だっつーの。


それでは、この縛りで第1作品目を書いてみたいと思います。


posted by 渡辺 at 01:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。